パトカーの装備

パトカーの装備

パトカーの装備

工事現場に向かって走っていくトラックはそれ相応の機材や道具、材料を積み込んで行きますし、救急車は救命のための道具や機材を積み込んでいます。消防車もレスキュー用の機材や消火のための設備を搭載していますが、これら特殊車両と同じようにパトカーもそれ相応の機材や道具などを積み込んで走り回っているわけです。

 

外から見てまず違うところは、一般的な白黒パトカーであれば赤色のパトランプがまず目に入ります。海外においてはたいてい青色のパトランプが使われていますが、日本では赤色のパトランプが大きくルーフに搭載されているので、これはパトカーならではの特殊な装備と見て取れます。ただし、覆面パトカーに関しては名前のとおりまわりにパトカーだと一見しただけではばれないようにしないといけませんから、パトランプは自分で取り付けるタイプのものになっているのが刑事もののドラマなどで見たことがあるという人も多いでしょう。

 

それから何か事件や事故が起こったことを知らせるために、警察無線が積み込まれているのも特徴的です。運送会社のトラックなどでは連絡用に無線を積むことがありますが、それと同じようにパトカーでも連絡用の機材として警察無線を積んでいます。