はたらく車

はたらく車

はたらく車

法令で認められている特定の事業ではたらいている人たちが使っているクルマ、それから緊急車両として知られている救急車やパトカーが特種用途自動車として認められていますが、それ以外の特種用途自動車にはいったいどのようなものが存在しているのでしょうか。

 

じつはそう言った緊急車両や特定の事業以外においても特種用途自動車のクルマは意外と身近なところで目にすることが出来るのです。まず、工事現場などでコンクリートが必要になったとき、それが固まらないように荷台をまわしながら走っているのが良く目撃されるのがコンクリートミキサー車で、これが特種用途自動車のひとつとして数えられています。

 

また、今はあまり見かけることは無くなりましたが、少し前まではメジャーな存在として知られていた汲み取り式のトイレで活躍する機会があるバキュームカーもそうです。そしてもっとも身近な存在と言えるのが、家庭や職場から絶対に出てしまう「ゴミ」を回収して焼却、埋め立てのために運搬しているゴミ収集車です。それと同じようにクルマのエネルギーになっているガソリン、それから牛乳などを運ぶのに使われるクルマのタンクローリーも特種用途自動車のひとつになります。