運転免許について

運転免許について

運転免許について

クルマを運転するためにはサーキットや私有地でもないかぎりは免許が必要になりますが、特種用途自動車を運転するときにはたいていの場合において特殊な免許が必要になります。この特種用途自動車は一般的には大型トラックやバスなどの大型のクルマが多いために、そうしたクルマを使って仕事をする人が取りに行く「大型免許」が必要な場合がほとんどです。

 

トラックを改造したものや、バスを改造したものはたいていの場合において8ナンバーのクルマになっていますのでそのナンバーに応じた免許が必要ですし、クルマの大きさによってはその大型免許の下に位置している中型免許、そして普通のクルマを運転するときに取る普通免許でも可能な場合があります。

 

特種用途自動車と言ってもこのようにどのような免許が必要になるのかはピンキリでありますから、自分がそう言った特種用途自動車に乗る場合には、事前にどんな免許が必要になるかをチェックして取りに行きましょう。それと、8ナンバーでは無く「9ナンバー」として登録されている「特殊自動車」を乗りこなす場合には大型免許では無く、大型「特殊」免許が必要になりますのでこう言った場合もしっかりチェックしておかないといけません。