特種用途自動車について

特種用途自動車について

特種用途自動車について

クルマは一般的には自分が移動したり、家族や友人を載せてドライブに行ったり、遊びに出かけたり通勤用のアシにと言うことに使われるものとして認識されているものですが、それ以外にもクルマにはいろいろな種類があります。

 

たとえば犯罪や事件がおきたときにそれを解決しに向かうのはパトカーですし、事故や怪我などで出動するのは救急車、それ以外でも水を補給するための給水車があれば、ごみを集めるために日々活動しているゴミ収集車なども存在しています。これらのように特種な用途に使われるクルマを「特種用途自動車」と呼ぶようにしているのです。

 

「特殊」ではなく「特種」なのはいったい何故なのかと言うと、これは同じく「特殊自動車」と呼ばれているクルマがあるからであって、区別をするために字に違いがあらわれています。この特種用途自動車の分類は非常に幅広いタイプのものが存在しており、その使用目的に応じて分類されるようになっています。

 

前述のパトカーや救急車もそうですし、レアなものと言えば現金輸送車などが当てはまります。なので、特種用途自動車は普段見かける特種なクルマからレアなものまで存在しているのが特徴的なクルマとして知られています。