特定事業

特定事業

特定事業

パトカーや消防車、救急車などの緊急車両が特種用途自動車としては一般的な存在として知られていますが、普段わたしたちが何気なく目にしている変わったクルマの中にも、特種用途自動車はもちろん存在していると言っていいですし、ある意味では緊急車両よりも自分の中で身近な存在として認識しているクルマがあるかもしれません。

 

ある特定の事業ではたらいている人たちが使っているクルマがそれにあたりますが、そのもっともたる代表的なクルマの例が、クルマの免許を取るときにはかならず乗らなければいけない自動車教習所の教習車になります。特種用途自動車としてはこの教習車がいちばんメジャーな存在だと思う人もいますが、ほかにも水不足のときに水を供給するためのクルマである給水車もそうです。

 

また、とある映画のラストシーンで行列をつくっていたクルマであり、血を集めるのに必要なクルマがバスを改造した採血車で、これも特種用途自動車のひとつです。あとは人が最後に乗ることになるクルマの霊柩車、テレビを中継するために機材を積み込んでいるテレビ中継車も特種用途自動車として認められており、こうした例を挙げてみると、意外と身近なクルマがいくつか存在しています。